「座りすぎ」が寿命を縮める


  




日本人は世界一座りすぎている


日本人の座る時間.jpg

衝撃的なニュースでしたね。

長時間労働が問題になっている日本ですが、座っている時間も世界一長いんですね(長時間労働なら座ってる時間も長くなるのは当然ですが)。

WHO(世界保健機関)は2012年、座りすぎが喫煙や偏った食生活、アルコールの飲みすぎと並んで肥満や糖尿病、高血圧症、心筋梗塞、脳梗塞、がんなどの病気を誘発し、世界で年間約200万人の死因につながっている、と発表した。

ブラジルのサンパウロ大学の研究者らは16年、「世界54カ国で年間43万人を超す人が、座って過ごす時間が長すぎることが原因で死んでいる」と、WHOよりも直接的な表現で発表している。

こうした数値は「たかが座りすぎ」とは切り捨てられないリスクの高さだ。

座るというごくありふれた日常行動が病気や死に直結する──それまで思いも寄らなかった“新常識”が世界中で注目を集めている。


座りすぎが問題視されるようになったのは2000年頃からですが欧米ではすぐに対応し、イギリスでは「就業時間中に少なくとも2時間、理想は4時間、座っている時間を減らして、立ったり、歩いたりする低強度の活動にあてるべきである」と国民に勧告。

オーストラリアではテレビCMで、ガンガンと座りすぎは危険だというキャンペーン動画を流し続けました。

フィットネス機器もふるさと納税で(群馬県千代田町)
>>【ふるさと納税】No.056 スピンバイク ブラック(hg-yx-5006a)
※ 納税も出来てスピンバイクも手に入ります

日本では何もやってくれないので自己責任?ということなんでしょうか。

誰も助けてくれないので自分自身でやっていかなれればならないということなんですね。

座ることが問題なのではなく、座り続けることが問題




デスクワークに加えて、移動なども車が中心となれば、どうしても7時間位が座りっぱなしという状態になってしまいます。

単に座るだけでは時折立ち上がったりするので、それほど問題ではないようです。

座り続けることが大問題なのです。

座って脚の筋肉がほとんど動かない間、「第二の心臓」と言われるふくらはぎの活動は停止状態に陥っている。

言い換えれば、下半身に下りた血液を心臓に押し戻すポンプの働きが停止して、全身に酸素や栄養を送る血流が滞ってしまう。

「その状態が長引くほど、いわゆるドロドロ血と言われる状態になって血栓ができやすくなる。血栓は、がんを含むあらゆる病気に多く見られる血管トラブル。血栓が血管に詰まって静脈血栓塞栓症を引き起こせば、即、死に至るケースもあり得る」(岡教授)

ふくらはぎだけではなく、太ももも健康維持に欠かせないポイントだ。

太ももには、人体で最も大きい大腿四頭筋という筋肉があり、この筋肉を動かすことはエネルギー代謝の良し悪しを左右する。

岡教授によると、「太ももの筋肉が活動停止状態に陥ると、糖の代謝に関わる機能や脂肪を分解する酵素の活性が低下し、肥満や糖尿病になりやすくなる」。


なるほど、そういうメカニズムだったんですね。

フィットネス機器もふるさと納税で(群馬県千代田町)
>>【ふるさと納税】No.071 折りたたみ フィットネスバイクHG-QB-J917B 10段階負荷調節
※ 納税も出来てフィットネスバイクも手に入ります

もしどうしても仕事上座り続けなければならないという人は、時折休憩がてら足のかかと上げ運動などを行うように心がけてみて下さい。

このかかと上げ運動は座ったままで行っても結構効果があるそうです。

座りすぎの人が心がけること




最近は座りすぎが日本でも話題になったことでスタンディングデスクなるものが発売されています。

たとえスタンディングデスクにしなくても30分に一度くらい休憩なども兼ねて立ち上がるようにすれば死亡リスクは、かなり軽減されるようです。

早稲田大学スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授によると、「がんの場合、座っている時間が長いほどがんの罹患リスクが高くなる。

顕著なのは大腸がんと乳がんで、座りすぎによって大腸がんは30%、乳がんは17%も罹患リスクが上がる」という。

【健康寿命が伸びる座り方のポイント】

・オフィスでも、30分から1時間に一度はトイレ休憩、飲み物や資料を取りに行く、不要な書類をシュレッダーにかけるなどのブレイクタイムを取る。

・ブレイクタイムの目安は、30分に1度の場合は3分間、1時間に1度の場合は5分間。

・なかなかブレイクタイムを取れないときは、座ったままかかとを上げ下げする、膝を伸ばして脚を上げる、脚を上げた状態でつま先をまっすぐ伸ばしたり直角に立てたりする。

30分〜1時間に一度、自分を立ち上がらせるために、パソコンのポップアップ機能やウェアラブル端末のアラーム機能を設定するといいだろう。


30分〜1時間に一度くらいだったら出来ますよね。

公式サイト >>スクワットマジック

最初から大きなことにチャレンジするのではなく、まずは第一歩。

そして一歩ずつでいいから歩みを進めていきまししょう。

座りすぎ防止アプリ




座りすぎ防止アプリは検索してみれば次々と出てきます。

座りすぎアプリ.png

iPhoneではStandlandなるアプリもあります。

別にアプリなど使わなくてもキッチンタイマーでも全然構わないのですが、スマホだと色々と過去のデータなども瞬時に調べることができるので、とても便利ですよね。

だったらもう一段階レベルをあげてみます。

皆さんは「ポモドーロ・テクニック」というのをご存知でしょうか?

「ポモドーロ・テクニック」というのは元々メンタリストDaiGoさんが自身の著『自分を操る超集中力』で紹介したのが始まりで、売れに売れている『メモの魔力 The Magic of Memos』の前田裕二さんも実践しているようです。

自分を操る超集中力 >>自分を操る超集中力

今では時間管理の本などでは、必ず出てくるようですね。

椅子をバランスボールに変えてみる




これはバランスボールが転がっていかないように加工してありますが、バランスボールを使いたいという人はこういうグッズもありますので利用してみるのもいいですね。



オフィスチェアの代わりにバランスボールを採用する会社もチラホラ出現しましたが、次のようなメリット・デメリットがあります。

1.オフィスでバランスボールを使うことによって起きる7つのこと
【4つのメリット】
 ①腰痛改善・予防
 ②姿勢が良くなる
 ③手軽にストレッチが出来る
 ④集中力がアップする
【3つのデメリット】
 ⑤筋肉疲労を起こす
 ⑥立ち、座りがしにくくなる
 ⑦集中力が低下する


デメリットが出た時には、しばらく様子見しながら、改善しないもしくは我慢できない場合には中止を考えてみて下さい。

ふるさと納税で人間工学に基づいた椅子を
>>【ふるさと納税】オカムラ フルーエント オフィスチェア(ミディアムグレー)CB85ZR-FKA2【1058295】
※ 納税も出来てオフィスチェアも手に入ります

バランスボールは体幹を鍛えるのにも効果的ですね。

この記事へのコメント